歴史

歴史トップ

米国プロとの交流

浅見緑蔵氏の渡米

浅見緑蔵氏の渡米

1930年、当時の米国のトッププロ、ウォルター・ヘーゲン氏などが日本ゴルフ協会の招きで来場し、赤星四郎氏、六郎氏兄弟や日本のプロの安田幸吉氏、宮本留吉氏とプレー。翌31年には程ヶ谷専属プロの浅見緑蔵氏たちが渡米。

  • 赤星四郎氏

    赤星四郎氏

このページの先頭へ