歴史

歴史トップ

歴史に残る競技

旧コース1番 (ウォルター・ヘーゲン氏とジョー・カークウッド氏の模範競技)

旧コース1番 (ウォルター・ヘーゲン氏とジョー・カークウッド氏の模範競技)

1926年には第1回の全日本ゴルフ選手権大会が開かれ、会員の赤星四郎氏が優勝しました。また、27年には72ホールのメダルプレーによる第1回全日本オープン選手権を開催、優勝は会員の赤星六郎氏、2位は所属プロの浅見緑蔵氏。

  • 赤星四郎氏

    赤星四郎氏

このページの先頭へ